花であるのか華になるのか

「きれいに染まってる」

ヘアカラーの褒め言葉ですが

艶というのがそのポイントだと思います。

よくお客様に染めると痛む?と

聞かれることがあります。

僕らの薬を使う技術は誤解を恐れずに言いますと

全て痛みます。

「究極に髪を傷めない方法は何もしないこと」とは

某毛髪学者さんのお言葉です。

しかし、美というものは厄介で

美しい=健康

とは限らないものです。

たとえば金髪やキレイに(鮮明に)発色しているカラー

これは髪には負担が多いですが

綺麗です。

花と華の違い と僕は思います。

花ならばそこにあるがままを愛でるもの

華ならばあるがままの姿をいかに変化させるのか

人の目を惹くようなカラーでしたらそこにはある種の犠牲があります

髪の負担を最小限に抑えると華はなくなります。

花であるのか

華になるのか

自然美なのか装飾美なのか

男女を問わず美とは奥深いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です