着物アレコレ

先日は江戸川花火大会でした。

最近は男性の浴衣姿も多く目にするようになり

なんだか日本文化が蘇っているようで嬉しいです。

さて、着物をおめしになるときに

「なに前だっけ」っときかれます

左前(ひだりまえ)はいけないとされてますが

いざ着ようと思ったときに「なに前だっけ」となるようです。

この左前

自分にとっての左なのか

相手(むかって)にとっての左なのか

という感じに迷われるようです。

この迷い多分「前」という言葉で惑わされます。

この場合の前は前後の前ではなく

時間としての前、つまり「先」をさします。

では、なんの先なのか

これは着る順番をさしてます。

つまり

着るときに右手でもっている着物を

先つまり「前」に身体にそわせ

その後に左を合わせなさい。ということです。

つまり前後で言うなら着物は左側が前なのです。

右手が利き手の方が多いので

懐に手を入れやすいという利点もあります。

着るときに迷ったら

右手が先

さらにメンドウだなっと感じたら

ミクニへいらして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です