やかない夏もある

連日、猛暑日が続き日差しも強くなっております

ミクニでもサンブロック系の商品をお求めになる方が

多くなっております。ここで今さらですが

SPFとPAについてちょっとご説明します。

SPF。これは20とか30とか50とか数字で表記されます

サンプロテクションファクターの略で

主に紫外線B波といわれるものから守る数値で

ザックリ言いますと肌が赤くなるのを防ぐ数値です。

その数字によって防ぐ時間(赤くなるのをどれくらい伸ばすか)が

決まっていて基準は20~25分です。

つまりSPF20でしたら20分×20=400で6時間40分

「肌が赤くなるのを遅らせますよ」ということです。

PAは

プロテクションガードオブUV-A

つまり紫外線A波を防ぎますよ。という意味です。

Bが肌を赤くするならAは肌を黒くします。

こちらは時間ではなく強さを表記してますので

+とか++など+の多いほど強いです。

このA波は肌の奥に届くのいてコラーゲンなども壊すので

肌の弾力を奪ってしまいます。

つまり

紫外線を浴びる時間が長いならSPF数値は高め

紫外線の強い(日差しの強い)場所にはPA高め

と思ってください(但し条件によって変わります)

紫外線から守るも化粧品などには

紫外線吸収剤タイプと紫外線散乱剤タイプがあり

吸収形は大体、スルっとした使用感で使いやすいですが

紫外線を熱に変換するので数値が高いものですと

ホテリを感じますし

吸収してますのでクレンジングを充分にしないと

残ってしまった吸収剤が溜め込んだ紫外線の影響で

クスミやシミの原因になることもあります。

散乱剤タイプは表面に膜をつくって反射させるイメージです

肌への刺激が少ないのですが

白浮きしやすく、また、使用感がちょっと悪いです。

こちらはクレンジングが悪いと肌に残って毛穴を

塞いでしまって角栓の原因になります。

どちらのタイプも数値の高いものほどお肌の負担になりますので

サンブロックを使ったときの注意は一つ

必ず洗い流すこと。明日でいいか!は禁物です。

さらに一回使った商品は劣化します。

劣化したものを使うと効果がなかったり刺激が強かったり

いいことは一つもないので日焼け止めはワンシーズン使いきりが

鉄則です。

最後に数値目安を

散歩や買い物など軽い外出→SPF20/PA++

二時間以上の外出や屋外のスポーツ→35/+++

海や山など直射日光の下での活動→50.50+/++++

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です