使用感が良いことと効果があることは違う

ノンシリコン

一時期まるで呪文のようにくりかえされた言葉です。

この言葉、もはやシャンプーをさすように思いますが

シリコンはいろんなものに入ってます。

つまり、お化粧品にも入ってるのです。

このシリコンというのはそんなに悪者ではないのですが

その量が多いと継続的に使う商品ですと

通称シリコン太りというシリコンの上にシリコンが

重なっていく現象を起こします。

いわゆる高級化粧品といわれるものにも実は

入っております。

成分表示で簡単にこのシリコンをみつけるには

コンを探します。

なんのことやらという感じですが

たとえばジメチコン、メチコンといった感じで

最後に~コンとなっているものは大体

シリコンです。

シリコンを入れる目的は大体の場合が

感触をよくするためです。

化粧品を伸ばすときに

すーっと伸びる感じ

あれがシリコンです。

ないものや少ないものほどペトっとかべトって感じで

粘度を感じます。

なぜ伸びるのか?これはシリコンが水にも油にもなじまないからなんです。

ですから大量に入れると

なじませるように界面活性剤も強い、もしくは

多く入れる必要が出てきます

これは代表的にはPEGやPPG。最初にPが付いてるのは

ポリの略でいわゆる石油系の合成界面活性剤です。

ご存知のように成分表示というものは

多い順に書いてあります。

大体ですが1~4番目くらいに

コンをみつけたら

これはちょっとシリコン多めだなーって思ってください。

そして多いシリコンが入っていると

結構、強い合成界面活性剤もつかわれてたりするので

ながーい目でみると

肌に良いはずの美容液や乳液、クリームが

実は肌にシリコン皮膜を形成して

負担になったり

強い合成界面活性剤が

アレルギー症状の引き金になることもありますので

ご注意を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です