シャンプーだけで毛穴を綺麗にする方法

美容室のシャンプーと

家庭のシャンプーの違いでもあるのですが

毛穴の綺麗さというのがあります。

どんなものを使うのか

よりも「どう洗うか」で

毛穴の綺麗さは劇的に変わるのです。

それは

「生え際から頭のてっぺんに向かって

指を通す」

なんとこれだけで

劇的に変わります。

毛穴の向きはてっぺんから

生え際に向かってます。

これをてっぺんから生え際に向かうように

洗うといわゆる順目になりますので

シャンプーの泡が毛穴の上を通過する感じになります。

これを逆目のである生え際から向かうことで

効果的にシャンプーの泡を毛穴に残すことが出来るのです。

ちなみにシャンプーの「洗う」能力は泡にあります

シャンプーをつけるというよりは

泡を使うというイメージをもつこともポイントです。

そのときに

いわゆる美容師のようにシャカシャカやらなくても大丈夫です。

指の腹をつかってグーッと頭頂部に向かう

襟足も首側から上に向かってグーッと手櫛を入れる

そして泡をしっかり地肌につける

そして、流す

いえいえ、ちょっとだけ待ってください。

泡が皮脂を分解する時間が必要です

5分も待つ必要はありません

せいぜい、30秒~1分程度で結構です。

そして、しかり流す。

これでOK

普段よりも髪の立ち上がりがよくなるはずです。

ちなみにこの後のドライヤーのかけ方にも

ポイントがあるのでですが

それはまたの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です