トイレの神様

IMG_5202[1]

初代である祖母は

トイレのことを「ごふじょう」と

言ってました。漢字にすると

「ご不浄」となるようです。

昔から、そのものズバリ言うことは

あまり上品とは言えないので

置き換えた言葉というのがあり

大和言葉とも言われるもなんでしょうけど

なんかいいなっと思います。

ミクニのご不浄。

お店をデザインして下さったデザイナーさんと

プランを話し合ってるときに「トイレはどうしますか?」と聞かれ

「スピーカーは絶対です!」と申しますと

間髪いれず「もちろんです」と返ってきました。

トイレは妥協したくない。

と言うと

トイレは妥協しません。

と、即答です。

ここで「あぁこの人にお任せしよう」と

心の底から思えました。

昔、昔、新入社員だった時に

当時のマネージャーからトイレ掃除を申し付けられ

普通に掃除すると

後からマネージャーが無言でピッカピカに磨きこんで

「佐川、トイレはお店の裏の顔だ、トイレのどこでも

素手で触れるように磨きなさい」と教えられました。

この気持ちって

トイレをご不浄と呼ぶ

大和の心なのかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です